館山、南房総のランチ、グルメ、カフェおすすめ情報

食べ歩きが趣味で南房総在住の日向が、館山、南房総、鴨川を中心にドライブで行ける千葉県内のオススメのグルメ、ランチ、カフェやテレビなどで取り上げられないような穴場グルメやコンビニグルメ、コンビニスイーツ、グルメ関連の株主優待情報などを配信。

タグ:予算500~1000円

今回は保田の道の駅内にあるイタリア料理のお店「Pizzeria da pe gonzo」でランチに10食限定の給食を食べてみたのでレビューしてみたいと思います。
3
Pizzeria da pe gonzoは薪窯で焼いたピザが食べれるお店ですが、Cafe金次郎や中華料理3年B組のように保田小学校にちなんで給食メニューがあります。
1
10食限定の給食メニューでサラダ類がメインになっていてお値段は手頃な1000円と嬉しい価格設定。
2
給食のメニュー構成は生ハムが載ったサラダ、ソーセージ、ポテトサラダ、ピタパン、デザート、好きなドリンクが付いてお値段1000円となっています。
3
生ハムの上に粉チーズに乗っていて生ハムの純粋な旨みは判りづらいですが、程好い塩加減でクセも無く食べやすいです。
4
ソーセージは茹でてあって肉の柔らかさとハーブの香りが楽しめる一品で、好みでマスタードを付けても美味しいですね。
ポテトサラダはスーパーで買ってきた感じで、メニューのようにカプレーゼが良かったですね。
5
ピタパンはピザの先祖みたいな物だそうで生地の柔らかさ味わえるパンに近い感じです。
プリンは口に入れるととろける食感と程好い甘さとコクが味わえて、今回食べたメニューの中では一番満足度が高かったです。
☆関連記事☆
館山 STELLA DI MARE(ステラ ディ マーレ)で石釜ピザのマルゲリータを食べました
道の駅 保田小学校 薪窯ピッツァ Pizzeria da pe gonzoで魚介モリモリシーフードSPを食べました
コスパ最高 館山 ピザ屋 Goccia(ゴッチャ)、ランチタイムはピザとサラダとドリンクで1080円
俺のイタリアン 東京駅八重洲地下街でイベリコ豚骨付きロース肉のグリル、カプレーゼ、ティラミスを食べました
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ

今回は南房総館山にあるくるまやラーメン館山バイパス店で味噌ラーメンとミニチャーハンを食べてみたのでレビューしてみたいと思います。
4
東京で行列が出来るラーメン屋などにも昔行きましたが、実際食べてみるとくるまやラーメンの方が美味いという感じの店が多くてある意味ラーメンの味の基準点ともいえる気がするくるまやラーメン。
1
くるまやラーメンも味噌、塩、醤油味と色々ありますが、やはりよく食べるのは人気No1メニューの味噌ラーメン。(602円)
3
今回は味噌ラーメンにサイドメニューのミニチャーハン(210円)を付けて注文をしてみました。
4
味噌ラーメンはもやしがたくさん上に乗っているのですが、これをそのまま食べると味気がないのでスープの下に沈めておくと味がしみます。
6
スープは結構脂が浮いてますがそれほどくどくなく、味噌の濃さやニンニクの風味も強くなり過ぎない程度にバランスが取れていて飲みやすい味。
5
麺はやや太めでスープとよくからみ、スープに浸ってしんなりとしたもやしが味噌味のスープと併せて抜群です。
8
ミニチャーハンも脂を吸った玉子の味が感じられ、香ばしいチャーシューの味もあって美味いです。
刻んだ玉ねぎが使われているのもまた通常のチャーハンと一味違いますね。
2
くるまやラーメンも店舗によって多少味が違うようですが、食べて安心できる味のくるまやラーメンはオススメです。
☆関連記事☆
安房勝山 中華料理 住吉飯店のデカ盛りメニュー 五目そばがオススメ
館山 ラーメンおかもとのお得なセットメニュー(野菜炒めとラーメンのセットで840円)
コスパ最高、台湾料理 福源 館山店のお昼ランチ680円(プラス70円でラーメンが付いてボリューム満点)
館山 ラーメン サンガ SUNGA(クリーミーな濃厚豚骨スープが美味いサンガ式家系ラーメン)
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ

今回は鋸南町安房勝山の商店街にある中華料理「住吉飯店」で人気メニューの日替わりランチを食べてみました。
4
平日のランチタイムに食べられるセットメニューのAセットは日替わりで変わる4種類の料理から好きな2品を選べて、ご飯、スープ、食後に選べるアイスコーヒーや杏仁豆腐が付いてお値段1000円になります。
1
今日のメニューはイカの唐揚げ 特製マヨネーズソース、バラ肉の生姜炒め、えびと玉子のチリソース、唐揚げ特製レモンソースの4品で、今回はえびと玉子のチリソース、唐揚げ特製レモンソースを選んでみました。
2
先にご飯、えびと玉子のチリソース、スープ、漬物が登場、これだけで普通の中華料理店の定食並の量があります。
3
海老のチリソースに玉子の炒めが入っていて、海老の歯応えの良さとフワッとした食感の玉子、ネギのサクッとした味わいとチリソースが合わさった美味さを味わえます。
4
唐揚げ特製レモンソースは鶏の唐揚げに刻んだレモン、パプリカ、ネギ、パセリに酸味のある醤油ベースのタレが掛かっています。
5
唐揚げに酸味の効いたレモンとタレが掛かっている事でサッパリとした味わいで、唐揚げ自体かなりボリュームがありながらもたくさん食べれちゃいます。
お値段も1000円ながらかなりボリュームもありますし、多人数で注文して色々シェアしながら食べるのも楽しいです。
☆関連記事☆
安房勝山 中華料理 住吉飯店の人気デカ盛りメニュー えびそば
安房勝山 中華料理 住吉飯店の日替わりランチメニュー(ボリューム満点、中華料理2品選べて1000円のおすすめメニュー)
館山 ラーメンおかもとの醤油ラーメンとレバニラのセットメニュー(柔らかな食感のレバニラ炒めが絶品)
バーミヤン 火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題(一人鍋に最適、豚肉のしゃぶしゃぶ食べ放題で1399円)
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ

今回は久しぶりに台湾料理「福源館山店」でボリューム満点メニューのラーメンセットを食べてみました。
2
何か腹一杯食べたいなと思う時頭に浮かぶのが台湾料理「福源館山店」、好きなラーメン6種類と炒飯や中華丼など7種類のご飯物から好きな物を選べるセットメニューが780円とリーズナブル。
1
ラーメンはいつもの塩ラーメンでご飯物は悩んだ末にニンニク炒飯にしてみました。(ランチタイムならドリンク一杯無料。)
3
アッサリ味の塩ラーメンは具がチャーシュー、メンマ、ワカメ、モヤシで、ご飯物と併せる場合は軽めの味付けのラーメンが合いますね。
2
ニンニク炒飯は初めて食べましたが、一口食べただけでニンニクの風味がガツンと口の中に広がる程の味わい。
炒飯自体はパラパラとしたご飯の食感が良くて塩加減もちょうど良いですね。
4
ニンニクも微塵切りではなくて結構大きめの塊が入っているのがこれだけのインパクトある味になる秘密ですね。
8
ラーメンセットも色々な組み合わせで食べれるので、安く腹一杯食べたい人にオススメです。
☆関連記事☆
安房勝山 中華料理 住吉飯店の人気デカ盛りメニュー えびそば
コスパ最高、台湾料理 福源 館山店のお昼ランチ680円(プラス70円でラーメンが付いてボリューム満点)
館山 ラーメンおかもとの醤油ラーメンとレバニラのセットメニュー(柔らかな食感のレバニラ炒めが絶品)
館山 ラーメン サンガ SUNGA(クリーミーな濃厚豚骨スープが美味いサンガ式家系ラーメン)
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ

今回は東京の神田にある老舗の蕎麦屋さんのやぶそばでせいろそばを食べてみたのでレビューしてみていと思います。
かんだやぶそば HP
4
やぶそばというと東京を代表する老舗のお蕎麦屋さんで、以前は千葉そごうのレストラン街にあるやぶそばの支店でよく食べていたのですが閉店。
5
やぶそばの本店に行ってみたいと思って場所を調べたら、意外にも秋葉原の電気街から徒歩5分ぐらいで行ける場所にありました。(上の画像の左下。)
8
秋葉原電気街から万世橋を渡って右方向に進んでいくと急に下町的な風景になって雰囲気が変わります。(あんこう鍋で有名ないせ源もありました。)
1
少し道に迷いましたが無事かんだやぶそばに到着、庭園があって日本情緒溢れる店構えになっています。
4
メニューも千葉そごうの支店だと天ぷらと蕎麦のお得なセットメニューなどが色々あったのですが、本店だとサイドメニューはかなり高目のお値段。
秋葉原治郎丸で焼肉を食べた後なのでとりあえずせいろそばだけ注文してみました。(お値段820円)
2
3時頃にお店に行ったので行列も無く5分程で蕎麦の登場、シンプルにせいろそばとそばつゆ、薬味にネギとわさびでのメニュー構成。
3
老舗の味らしく派手さは無いですが、堅実なそばつゆの美味さで蕎麦の湯で加減もベスト。
やぶそばの汁は辛めなのでそば全体につけずに半分ぐらいつけて食べるとちょうどいい味わいになります。
12
純和風の店の造りで落ち着いた雰囲気が好きな人にオススメですね。
☆関連記事☆
丸亀製麺の裏メニュー天茶(天丼用ご飯とみつばと小海老のかき揚げで290円)
鴨川 手造りそば 打墨庵 加瀬のせいろそば(食べログの全国そば百名店に選ばれた異空間蕎麦屋)
銀座の高級寿司屋 久兵衛に行った気になれる動画(おまかせコースで予算1万円)
秋葉原電気街 立ち食い焼肉治郎丸のおすすめ部位ブリスケ(カルビ)
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ

ラーメンのチェーン店幸楽苑で11月29日、12月6日の2日限定で各店先着100名に中華そば10円で提供というニュースを聞いて実際に行ってみました。
幸楽苑復活記念!お客様感謝祭 - キャンペーン詳細
3
お昼の時間に行ったのですが、平日のお昼だからまだ100人に達してないだろうという予想に反してもう終了してました。
2
しょうがないので味噌野菜ラーメン(お値段540円)と餃子極(240円)を注文、中華そば10円セールをやっている為か店員さんもいつもより多いですね。
1
野菜を食べたいという事もあって注文した味噌野菜ラーメンですが、野菜もシャッきりとした食感で美味くて良いですね。(味噌のスープを純粋に味わいたい人は野菜が無い方が良いかもしれませんが。)
3
会計時に貰えた中華そば一杯無料券ですが、約一ヶ月有効期限があって好きな時に幸楽苑で使えるので便利ですね。
☆関連記事☆
安房勝山 中華料理 住吉飯店の人気デカ盛りメニュー えびそば
日本でラーメン屋さんになるということ(週6日間、8時から23時半まで働きます)
館山 ラーメンおかもとのお得なセットメニュー(野菜炒めとラーメンのセットで840円)
館山 ラーメン サンガ SUNGA(クリーミーな濃厚豚骨スープが美味いサンガ式家系ラーメン)
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ

今回は鴨川市にある手打ち蕎麦のお店「手造りそば 打墨庵 加瀬」でせいろそばを食べてみたのでレビューしてみたいと思います。
9
ちょっと遅くなりましたが新そばを食べに行きたいという事で、食べログで南房総の蕎麦屋で色々口コミなどを見て鴨川市にある手打ち蕎麦のお店「手造りそば 打墨庵 加瀬」に行ってみました。
2
カーナビで検索していざ出発、鴨川のケーズデンキやヤマダ電機がある通りから金山ダムに進む山間の所にお店はありました。ヤギさんがいる事でも有名で割合近くに行っても逃げ出さないです。
11
店の入り口は何か異世界の物を召喚出来そうな門構えで、凝った店の造りをしていて面白い。
3
店の中に入るとやや薄暗く盗賊のギルドみたいな雰囲気で、メニューも木を使って味わいのあるお品書きが出てきます。
4
天ぷらやそばがき、裏コースメニューなども色々ありますが、シンプルにせいろそばを注文してみました。
6
最初にほうじ茶と玉子豆腐が出て来て喉を潤します。手作り感のある玉子豆腐でほのかな甘みと滑らかな食感が良いです。
7
しばらく待ってせいろそばの登場、そばつゆをおちょこに入れるのですがつゆの量が少なくてやや心配になります。
8
まずは一口そばだけで食べるとやや硬い茹で加減ですがこしのある蕎麦で、風味も中々良いですね。
9
藪系のお店という事ですがつゆはあまり辛口ではないので蕎麦にたくさんつけても大丈夫、どんぶり一杯に入っていると思った蕎麦は下に蕎麦ザルが敷いてあって量は普通でした。(そばつゆも普通に食べる分にはちょうど足りました。)
111
蕎麦の味もしっかりしていますし、異空間を体験するのにドライブがてら行ってみるのも面白いと思います。
☆関連記事☆
丸亀製麺 期間限定メニュー 穴子山椒天を食べました
丸亀製麺の裏メニュー天茶(天丼用ご飯とみつばと小海老のかき揚げで290円)
吉岡里帆 CM 日清のどん兵衛(可愛いと話題のどんぎつね吉岡里帆が写真集とカレンダーを発売)
ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX(通常ペヤング4個分の大きさ、大食い女子の完食チャレンジ動画)
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ

今回は館山のイエローハットの向かいにある幸楽苑で味噌ラーメンと餃子極を食べてみたのでレビューしてみたいと思います。
2
たまにイオン館山のフードコート内にあった幸楽苑でラーメンを食べたりしていたのですが、無くなってしまったのでイエローハットの向かいにある幸楽苑の店舗に来てみました。
1
とりあえず味噌らーめん(440円)と餃子極(240円)を注文、餃子極も中の餡の量が少ないものの肉汁は多くて味自体は値段を考えれば良い感じ。
皮もパリッとした焼き目とモチモチした食感の部分が味わえます。
3
味噌らーめんももう少しスープの味が濃ければいいと思いますが、味は美味くまとまっていてチャーシューも薄いながら脂身の所は柔らかさもあります。
2
どうしても低価格設定のお店という事ではっきりと足りない部分もありますが、全体的に満足できるように仕上げてあると思います。
コンビニの変に値段が高いのにまずいカップラーメンよりはいいと思いますよ。
☆関連記事☆
房勝山 中華料理 住吉飯店の人気デカ盛りメニュー えびそば
そごう千葉店 ご当地うまいもの大会で中華そば しば田のラーメンを食べました
館山 ラーメン サンガ SUNGA(クリーミーな濃厚豚骨スープが美味いサンガ式家系ラーメン)
館山 ラーメンおかもとのお得なセットメニュー(野菜炒めとラーメンのセットで840円)
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ

↑このページのトップヘ